Profile

HT2 ” The Keeper Of The Flame ” として知られる Harvey Thompson は少年時代にゴスペルを歌う事をきっかけに音楽の世界に入った。Harvey は 1992 年スイスの Montreux Jazz Festival ,また 1987年から1994年にかけて デトロイトMontreux Jazz Festival への参加が最高のものだったという。

スイスで行われたMontreux Jazz Festival に参加し、ロンミルナー製作の“クラックステッピング”のレビューで熱狂的な評を得てWEMU ラジオ ベストボーカリストに選ばれた。 1996年、1997年 GLASGOW JAZZ  FESTIVAL に参加。(1998~1999 GLASGOW JAZZ FESTIVAL) またデトロイト NBC 主催 ” スーパーシンガー ” に出演し勝利するなど数々のステージを経験。伝統的なサックス奏者 ジョー・ヘンダーソンをはじめ ベニー・グリーントリオとマドリッドで共演。ニューヨークの ” ターバン オンザ グリーン ” では ドロシー・ドナガンと共演。 unnamed

ジャズピアニストシンガーのジョー・トンプソン、その他数多くの名プレイヤー達と共演。ジョー ・トンプソンとのユニット” Detroit, Jazz Jewels ” がエミー賞にノミネートされた。また 2004 年3月 MOTOR CITY MUSIC 誌では” デトロイトの音楽業界の発展に貢献した 300 人“の中に選ばれ その活躍が評価された。ファーストアルバム ” JAZZ IS ANYTHING YOU WANT IT TO BE ” はヴォーカリストとしての 名声を確立させた。またプロデュースの才能も発揮し ”編曲の精巧さ, 粋な呼吸のレパートリー “ハービー ・トンプソンはリーダーとして並ならない音楽的完成度に達した。”と シカゴ トリビューン誌に評され、ジャズの偉大さ、その名声を不動のものにした。

2002年、来日以来さまざまなジャズライブ、フェスティバル、イヴェント、コンサートなどへの出演はもちろん、アメリカ、日本、アジア、ヨーロッパでの活動。日本の古典的な芸能や楽器とのコラボレーションも行うなどの文化交流をもチャレンジしている。2004年にはタイ・ジャズフェスティバルに出演し「タイ国政府観光庁のキャンペーンソング」を歌い2005年、タイでの「津波チャリティーコンサート」に参加などのプロデュースを含む音楽活動をしている。unnamed-1

2012年のデトロイト・ジャズ・フェスティバルでは レイチャールズのバンド の リード・トランペッターであった マーカス・ベルグレイブ また カーティス・フィラー や ル イ・ヘインズ 達と メインのステージを踏み脚光を浴びた。同じく同年の9月には 野球チームの デトロイト・タイガースの開幕戦にて 50000人の前で アメリカ国歌を歌った実力の 持ち主である。
________________________________________________

Harvey states ”One of the highlights of my career was performing at the Montreux Jazz Festival in Switzerland in 1992. Also the Montreux Detroit Jazz Festival from 1987 thru 1994. Those Festival appearances are some of the most memorable performances I’ve ever been a part of.”
________________________________________________

Harvey Thompson , Jazz Vocalist , was born in Detroit , Michigan. After years of appearances in talent shows and local jazz joints and performances at Japanese concert halls and swank Turkish night spots, the Japan-based and world-traveling Thompson can rightfully be called a versatile master of jazz vocals. With his silky smooth voice, comfortable stage presence, and wide repertoire reflecting influences ranging from Johnny Hartman to Nat King Cole, Harvey Thompson can be considered ” the keeper of the flame ” of male jazz vocals./ Tokyo American Club